転職求人評伝@fundanin

※当ブログの全記事は、https://www.coper.work/に移転致しました。各記事をクリック頂いた際の移転先URLでこれまでと同じ内容をお読み頂く事ができます。 引き続きのご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

【例文あり】バイトの面接を断りたくなった!面接を休んできた私はこうやって回避した!

 

「バイトの面接に行けなくなった…」
「明日の面接やっぱり働きたいところじゃないや」

色々なことをバイトの面接は考えました。

結論=断っちゃおう!となるのが私です。

そんなわけで今日はいかにして私がバイトの面接を断ってきたかを皆さんに知っていただきたいと思っています。

(私のようなバイト面接キャンセル野郎が増えると大変ですので、
使用の容量用途を正しくお使いください。)

面接前のバイトの断り方

私以外にもアルバイトの面接を設定したけど、面接に行きたくない…、面接に行くのが憂鬱…ということって誰しも経験があると思います。

理由は「他のバイトが決まった」、「面接予約したものの仕事内容がイマイチ好きになれそうもない」など様々かと思いますが、上手な断り方を紹介します。
尚、先方も予定があるので連絡は早ければ早いほどいいです。これは電話であれ、メールであれ同じです。
断るなら少しでも早目に連絡しましょう。
(私も直前に連絡してめっちゃ怒られたことがあります。)

 

1.他の面接で採用が決まった

実際にどうかは別として、他社で採用をもらいそこで働くことにしたので辞退したい旨を伝えましょう。普通はこの理由を言われると何も言えず、「そうですか、残念ですが分かりました」で終わります。
「どこで働くの?」、「時給はどれくらい?」なんて細かく聞いてくるところはありません。


例:
「●月●日に面接の設定のお約束をさせて頂きました○○です。
実は他のところで採用を頂きそちらで働くことになった為、面接は辞退させて頂きたいと思います。
せっかく設定頂いたのに申し訳ありません。よろしくお願い致します。」
 

2.家庭の事情

面接の予約はしたが、なんとなく気が進まないなど明確な理由がないけど面接は辞めたいという場合この理由を伝えましょう。
未成年であれば父親の転勤で引っ越すことになった、二十歳以上であれば家族で親の実家に引っ越すことが決まったなど、引っ越すので働けなくなったと伝えましょう。

例:
「●月●日に面接の設定のお約束をさせて頂きました○○です。実は急遽父の転勤により家族で××へ引っ越すことになりバイトすることができなくなりました。面接を設定頂いておりますがバイトすることができなくなってしまった為、辞退させて頂きたいと思います。お手数お掛けして申し訳ありませんでした。」

 

バイトをしている人に覚えてほしいシフトやヘルプの断り方!

とはいえ私もバイトしていた時はしっかり業務をする方でした。ただし「自分の業務だけ」ですが…
なのでうまい具合に先輩や店長からの流れ弾を交わしていました!

そんな時、私がやっていた人間関係を悪化せず上手な断り方を紹介します。
 

「この日入って貰えない?」という店長から希望日以外のシフトのお願いに対する断り方


1.遠方に行く予定でバイトできない
前から決まっていた予定で遠方に行く事を伝え、そもそもバイトに入ることが物理的に無理である事をわかってもらいましょう。休みでも近くにいないのなら無理だとすぐに諦めてもらえます。

例:
「ごめんなさいその日は家族でおばあちゃんのお見舞いに行くことになってて、朝から○○(バイト先住所の地名)にいないので無理なんです。」
即答が重要です。間髪入れずお断りしましょう。

2.具体的な時間と予定を伝えて断る
○時にどこどこに行く予定があると具体的な用事を伝えそもそもバイトに入れないことを伝えましょう。

例:
(入って欲しいと言われたバイトが13時からのシフトの場合)

「14時から大学のテストがあるのでその日は無理なんです」
「15時に東京の御茶ノ水(バイト先から遠いところ)に行かなければならないのでその日は無理なんです」

断っても相手が食い下がってそこはなんとか…とさらに押される余地をなくし、即断るのがコツです。あらかじめ自分の境遇で不自然にならない予定を考えて即答できるようにしておきましょう。

→バイトの急な欠員などで「急遽今日入って貰えない?」という店長から依頼の断り方

これもよくあるケースです。予防策としては休みの日のバイト先からの電話はでないようにすることが第一です。

また、店長とあまり仲が良くなり過ぎても断りにくかったり、多少強引にお願いされたりしてしまうことになる為、あまりフランクな関係になりすぎず、一定の関係性を保つことも予防策として挙げられます。しかし、それでも頼まれてしまった時の断り方をご紹介します。

 

1.電話で頼まれてしまった時の断り方

→電話に出てしまい頼まれてしまったら、バイト先から離れたところに遊びに来ていて行けないと伝えましょう。
そもそも店長が入って欲しいと言っている時間に間に合わない位の遠方である地名を伝えるのが効果的です。


例:
「ごめんなさい、今友達と○○(遠方の地名)に遊びに来ててその時間帯のシフトに入ることができないんです。お役にたてず申し訳ありません。」
 

2.対面で直接頼まれてしまった時の断り方


例:
「ごめんなさい、今日○時から××で用事があってこの後直ぐに出なきゃ行けないんです。お役に立てず申し訳ありません」

向こうの都合があるようにこちらの都合も当然あります。断ることは何も問題ありません。
ただし今後も一緒に仕事をするので関係性の悪化を避ける為にも、丁寧に、かつ、嘘だと思われない理由を即座に伝えて断ることが懸命です。
 

 

 

まとめ

以上簡単ですが、
私のお体験をもとにバイトの面接の断り方と、バイト中に代わりシフトを頼まれたときの対処法を書いてみました。

他にもこのような逃げ方があるよと、あれば教えてください!

私も逃げるスキルを伸ばしていきます!

ではでは~