転職求人評伝@fundanin

※当ブログの全記事は、https://www.coper.work/に移転致しました。各記事をクリック頂いた際の移転先URLでこれまでと同じ内容をお読み頂く事ができます。 引き続きのご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

憧れのアパレル!転職する前に業界について知っておこう!


洋服は一枚一枚色やデザインが異なり、見ているだけでも楽しいですよね。

「アパレル業界」と一括りにしても、デザイナーやコーディネーター、販売員などたくさんの種類があり、アパレル業界への転職を考えている方は、種類に合わせた対策が必要になります。
それぞれの仕事内容や資格、面接対策などを見ていきましょう。
 

 

アパレル業界を種類別に大公開!


アパレル業界と言われると、洋服屋さんで働くイメージが強いと思います。

ですがアパレル業界と言っても、実はたくさんの種類があります。

それぞれの仕事内容や求められるスキルについて見ていきましょう!

マーチャンダイザー

あまり聞き慣れないマーチャンダイザーという職種も、アパレル業界でのお仕事になります。

マーチャンダイザーとは簡単に説明すると、お客様が求めている商品を適正な価格と数量、時期や場所で販売できるようにするお仕事です。

その為、商品開発やラインアップ、売り場の展開案や予算の管理などさまざまな部門に分かれ、たくさんの仕事量があります。

マーチャンダイザーが活躍する場所としては、量販店などのアパレル会社やネットショップなどになります。

洋服の販売員として、優秀な成績を買われてマーチャンダイザーになる場合などもありますが、1番の近道としてはマーチャンダイザーの部門のある企業に就職することになります。

基本的に大きなアパレルメーカーでは、販売職と総合職に分かれています。マーチャンダイザーになる為には、総合職の方に配属される必要があります。

面接の際には、マーチャンダイザーのような総合的な管理をしていきたいことを伝えましょう。

デザイナー

ファッションデザイナーとは簡単に説明すると、洋服やバッグなどのデザインをするお仕事になります。ファッションの好きな方にとっては、憧れの職業ではないでしょうか。

デザイナーは洋服などをデザインすることが主な仕事になりますが、お客様のニーズに合わせたデザインをしなければ商品は売れません。

ファッションのセンスだけでなく、具体的にどの世代がいつ着るのか、トレンドを押さえるリサーチ力も必要になります。

ファッションデザイナーになる為には、専門学校に通い技術や知識を学ぶ方法が一般的になります。専門的知識がない場合は、アパレルメーカーで働きながら知識やセンスを磨き、デザイナーとして活躍することもできます。

デザイナーになる為に必ず必要な資格などはありませんが、やはりある程度の経験が必要になり、洋裁技術認定試験やパターンメーキング技術検定などの資格があるとより有利になります。

ファッションコーディネーター

ファッションコーディネーターとは、店舗のディスプレイやお店の方向性などを総合的にコーディネートする業務になります。

流行やお店の雰囲気に合わせた商品選定やディスプレイなど、お店全体のイメージに繋がる大切な役割があります。

店舗勤務の場合は、お客様に合わせたコーディネートのアドバイスなども担う為、センスだけではなく接客能力も必要になります。

ファッションコーディネーターになるためには、専門的な知識や技術を必要とするため、専門学校に通うのが一般的です。また、デパートやアパレルメーカーでの勤務で知識やセンスを磨いた後、ファッションコーディネーターとして活躍できる場合もあります。

ファッションコーディネーターとして必ず必要となる資格はありませんが、ファッションデザイナー認定試験や服飾インストラクターなどの資格があると就職の際に有利になります。

生産管理(商品管理)

アパレル業界での生産管理とは、デザインが決定してから販売までのプロセスを担う業務になります。

デザインが決定後、一着あたりにかかるコストを細かく計算、依頼する工場への発注なども行います。

専門学校に通い基礎を学んだのち、生産管理者になる方が一般的ですが、アパレルメーカーなどに就職したのちに生産管理側に配属される場合もあります。

生産に関する業務以外にも、商品カタログの作成やさまざまな商品管理、原価元の計算などの仕事をきっちり納期までに納品しなければいけないため、経験が必要になります。

コスト面の関係から依頼する工場は海外にある場合が多いため、言語力のある方が有利になる場合があります。

販売

アパレル業界と聞いて1番に思いつくのが、洋服を店舗にて販売する販売員ではないでしょうか。

お客様との接客がメインになる販売員は、接客力だけでなくお客様に合ったコーディネートの提案、商品や自社ブランドに対する案内なども必要になります。

店舗の清掃や商品管理はもちろん、マネキンに対するディスプレイなども行うため、トレンドを取り入れながらもセンスの問われる職業です。

大手のブランド販売員でない限りは、特別な資格などは必要なく、アパレル業界について学びたい方などは販売員からスタートするのが一般的です。

 

アパレル業界に求められる人物像はこんな人!


アパレル業界に就職する際、どのような人材を求めているのかをしっかりと把握しておく必要があります。

接客や顧客のリサーチ力

アパレル業界での業務は、お客様との接客が商品購入へと直結している職業でもあります。
どんなに欲しい洋服でも、店員さんの態度やお店の雰囲気が悪いと再び足を運ぶ気はしないですよね。

どんなお客様に対しても笑顔で気持ちの良い接客が大切になります。
また、自分自身に似合う洋服が分からずに、プロである店員さんに意見を求めにやってくるお客様もいるので、お客様の求めるコーディネートを素早く提案する力も必要になります。

勤務する地域によっても客層は異なるため、顧客のリサーチ力も必要ですよ!

ファッションに対する興味や関心力

アパレル業界に転職を考えている方でファッションに興味のない方は少ないと思いますが、洋服が好きだからこそ、さまざまな視点からの提案やディスプレイが可能になります。

コーディネーターなどのファッション提案者には、常に新しい提案が必要になるため、洋服だけでなく流行のヘアスタイルなどに合わせたファッションの提案力が必要になります。

情報収集力

ファッション業界では、シーズンごとに流行りのスタイルが変わる傾向にあります。

また、自分の好みやお店の商品だけでなく、ファッション業界としてのトレンド情報をいち早くゲットする必要があるため、常に情報収集することが大切になります。

洋服の流行だけでなく、それに合わせたヘアスタイルやネイルなどの提案をすることでよりお客様の満足度もあがりますし、ファッション提案の幅も広がるため、常に情報収集を行えるようにするのが良いでしょう。

気持ちの切り替えが早い

とくにさまざまなお客様に提案をする販売員では、買ってもらえないことや断られることは頻繁にあります。

その度に落ち込んでいては仕事になりません。
なぜ提案が上手くいかなかったのか、などの分析は大切ですが、すぐに気持ちを切り替えて次のお客様に対応することが大切になります。

デザイナーなどの業種でも、必ず自分の提案するファッションが商品になるとは限りません。

気持ちの切り替えが早く、常に笑顔でお客様に対応できる力が必要になります。

 

未経験だけど大丈夫?ズバリお答え!


アパレル業界未経験の場合でも転職することは可能です。

専門学校に通い基礎を学んだのちに、アパレル業界で働くのが一般的にはなりますが、企業によっては未経験でも就職ができます。

大手の有名ブランドなどはある程度の経験や知識が必要になる場合が多いので、全くの未経験から始める場合には洋服の販売員で経験を積む方が多い傾向にあります。

今までアパレル関連での業務をこなしたことのない方でも、洋服が好きでお客様のために全力を尽くしたいと思っている方は、アパレル業界への転職を考えてみるのも良いでしょう。

 

若い人が多いイメージだけど30代40代でも転職できる?

アパレル業界と聞いて思いつく販売員は、確かに年齢層が若い方が多い傾向にあります。

しかし取り扱っている洋服に合う年齢層はお店で異なり、高級なアパレルブランドなどでは若い方よりもある程度年齢のいっている販売員が多くなります。
また、デザイナーやコーディネーターなども比較的年齢層が高い傾向にあります。
 

 

アパレル業界に転職するなら履歴書でしっかりPR!


アパレル業界への転職の際にも、履歴書は大切なアピールポイントになります。
しっかりとアパレル業界で頑張りたいことをPRしましょう!

転職理由

今の仕事を辞めて、なぜアパレル業界へと転職したいのかを明確にしておく必要があります。
前職を辞める理由は人それぞれですが、今の仕事が自分に合わないことやキツイからといったマイナスな理由よりも、今の仕事で培った接客術を活かせるなどのプラスな理由が望ましいでしょう。

志望動機

アパレル業界でも職種によりますが、その会社でしか学べないことや、自社の得意とするポイントを押さえましょう。
また、自社の洋服がとても好きでたくさんの方に広めたいなどの理由も採用者側には好印象になります。
あまり単調になりすぎるのもおすすめしませんが、長文になりすぎると返って読みにくさや伝えたいことが薄れてしまうので、起承転結にまとめると良いでしょう。

自己PR

自分には得意なことが全くありません。なんて人を雇う方はまず居ませんよね。
自己PRは自分のことを知ってもらうためにとても大切なポイントです!
自分の得意とすることや、前職で培った経験の中で強みとなることをしっかりとアピールしましょう。
また、企業の中にはチャレンジ精神が旺盛な人など、ホームページで求めている人材について明記している場合があります。
コミニュケーション能力やファッションに関する知識など、エピソードを添えながらPRするのがおすすめです。

 

面接対策は大丈夫?おさえたいポイントまとめ!


アパレル業界未経験の場合、面接で何を聞かれるのか不安になる方も多いのではないでしょうか。

コミニュケーション能力が大切になるアパレル業界では、面接時の対応はとても大切になります。

アパレル業界特有の質問もあるため、しっかりと回答できるように準備をしておきましょう。
好きなブランド
アパレル業界の面接では、自身の好きなブランドを聞かれる場合が多い傾向にあります。

希望する会社のブランドや実際に好きなブランドを挙げると良いでしょう。

あまりにも系統が違いすぎるブランドでは、本当に自社のブランドが好きなのか疑問に思う場合がある為避けましょう。

休日

企業にもよりますが、アパレル販売員の場合ほとんどの土日祝日は勤務になります。

皆んなが休んでいる日にお仕事なのは気持ち的に沈んでしまう方もいると思います。

しかし、一般的なアパレル雇用形態に不満を抱いていてはこの先勤務をしていくことは不可能になります。
土日祝日などの勤務があることを理解した上で頑張りたいことを伝えましょう。

キャリアプラン

特に目指している役職や職種はありません。なんて人を雇おうとは思いませんよね。

一般企業と同様、アパレル業界でも将来のビジョンを明確にしておくことは大切になります。

販売員にて知識と経験を積み、将来的にはディスプレイや店舗のデザインまで総合的に管理するコーディネーターを目指したいと思っています。
などの具体的なキャリアプランを立てましょう。

アパレル業界で大切だと思うこと

一般的な企業と同様、アパレル業界で働く上で大切だと思うことを質問する企業も多くいます。

それぞれが働く上で大切にしたいと思うことを分かりやすく伝えることが大切です。

アパレル販売員ならば、お客様の求めていることをしっかりと理解し、実現できるようにコーディネートの知識を身につけること。などの熱意を伝えるのが良いでしょう。

最新のファッション関連

最近気になるトレンドのファッションについて質問されることもあります。

どれだけアパレル業界に関心があるのか、ファッションについての情報を知っているかをアピールする機会になります。
大手の有名ブランドなどでは、日本だけでなく海外の流行についてなども話せることが出来ると良いでしょう。

アパレル業界にいる面接官も楽しくなるような、最新のファッション関連について情報を得ておくのがおすすめですよ。

 

まとめ

アパレル業界といってもコーディネーターやデザイナーなどさまざまな職種があるため、将来自分がどんな仕事をしたいのか明確にしておくことが大切です。

憧れのブランドで働きたいと思っている方は、しっかりと受け答えができるように準備をしておきましょう。
その為には、日頃からファッションに関する知識や情報を集めなければいけません。

憧れのアパレル業界への転職を考えている方はしっかりと勉強をして、面接に備えましょう。